JALがJALカード株一部売却

『JALカード』

JALがいよいよJALカード株の
売却の検討に入ったとのことです。


そこで、5月30日付けの日本経済新聞に載っていた
クレジットカード各社の規模です。

外資系カード会社は除かれていますが、以下のような
ランキングになっています。



『クレジットカード各社の規模(業界推計)』



1位 三菱UFJニコスグループ   
2位 JCB   
3位 クレディセゾン・ユーシーカードグループ   

4位  三井住友カード   
5位  イオンクレジットサービス   
6位  JALカード   
7位  OMCカード   
8位  オリエントコーポレーション   
9位  トヨタファイナンス   
10位  ジャックス   
                    
                        
                 (2006年3月末時点。業界推計)




JALカードの会員数は約176万人と
その数自体は三菱UFJの1/10を大きく下回るのですが、
年間取扱高は約1兆5000億円と利用効率はトップなのです。
「優良会員」が多い事実が窺えます。


このような優良顧客の囲い込みを目的に、
三菱UFJニコスグループや複数の金融機関・投資家が、
入札に興味を示しているようで、三井住友フィナンシャルグループも
名乗りを上げそうな様子です。


カード会社各社とも、買収による規模拡大を進めており、
JALカードは最後の優良物件となっているのです。

JALの主力取引銀行のメガバンクグループは日航に対して、
更なる追加リストラの柱として、資産売却などの有利子負債の
圧縮を強く求めています。




日航に再建を強く求めているメガバンクが、一方では
JALカードの買い手に名乗りを上げるという、
何とも珍しい案件となりそうです。。。








関連記事

スポンサードリンク

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三井住友フィナンシャルグループ 略称 = 三井住友FG、SMFG 郵便番号 = 100-0006 本社所在地 = 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 設立 = 2002年12月2日 業種 = 銀行業 事業内容 = 銀行等傘下子会社の経営管理 代表者 = 奥正之(取締役会長)北山禎介(取締役社長) 資

イオンクレジットサービス略称 = ACS国籍 = 郵便番号 = 本社所在地 = 東京都千代田区神田錦町一丁目1番地電話番号 = 03-5281-2030設立 = 1981年6月20日業種 = その他金融業統一金融機関コード = SWIFTコード = 事業内容 = クレジットカード等の金融サービス事業

コメント

コメントを残す

Secret


Ads

●プロフィール

drak

Author:drak
プレミアムカードを使いこなせる男になるために、日々自分を磨いております!

monoka(モノカ)

買い物すると現金が戻ってくるお得なサービス!

New Post!

JCB:ミライノカードPLATINUMなど先行募集開始 2017/11/11
JCB:JCBプラチナが新オリジナルシリーズに追加! 2017/10/24
盗まれるクレジットカード情報,その3つの主要手口とは? 2017/10/19
VISA:百貨店初のプラチナデビットカードが誕生 2017/10/18
AMEX:各種税金・公金・ふるさと納税等の支払い時のポイント還元率を改悪へ! 2017/10/09
VISA:Booking.comカードはプレミアムカードか? 2017/10/08
VISA:VISAインフィニット会員はスルガ銀行ATM手数料が優遇される 2017/09/28
VISA:ご利益があるかもしれないカード 2017/09/23
JCB:住信SBIミライノカードのカードフェイスが明らかに! 2017/09/05
Luxury Card:入会申込書を取り寄せました 2017/09/03

●全記事表示リンク

JCBプラチナ

自己申込み可能!

●ブログ内検索

■買取金額UPキャンペーン中

BUY王

●ご質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Key Words

読み込み中...
powered by syany

ブラックカードライフ by AK

当管理人の運営サイト

広 告